Japan-Sri Lanka Friendship Baseball Association

日本・スリランカ野球友好協会

~野球を通じて両国の友好関係構築に貢献~

 2002年にJICA青年海外協力隊(野球隊員) が派遣されたことをきっかけに、スリランカ野球は少しずつ発展を遂げてきております。当時は、高校レベルの野球チームが国内に8つ程度でしたが、現在ではの倍以上の高校で野球がされており、大学でも11大学に野球部が存在し、陸海空軍でも野球がされております。

 

 2002年から、スリランカの野球指導に携わったJICA野球隊員は11名となり(短期野球派遣などを含めると約20名)、さらには数えきれないほど多くの日本人の方々などが支援してくれており、2017年に実施された西アジアカップでは、初めてパキスタンを倒して優勝。同年10月に台湾で開催されたアジア上位8か国が参加できるアジアチャンピオンシップに出場するに至りました。

 

  また、2019年7月には、スリランカにおいて初めての野球の国際大会(西アジアカップ)が開催され、野中氏がスリランカ代表を率いて、インド、イラン、パキスタンを倒して優勝しました。(この大会は2020年の東京オリンピックの一次予選も兼ねた大会でした。)

 

 2021年1月1日現在、JICA青年海外協力隊(野球隊員)は新型コロナウィルス感染症拡大の影響を受けて派遣されていない状況ではありますが、今後も末永くスリランカ野球発展と両国の信頼関係構築のために情熱を注いでいくこととしております。

 

 2021年度は、コロナ禍のなかで何ができるかを考えた結果、まずは世界各地の野球事情とそこで活動する日本人の皆さんの奮闘を少しでも多くの日本人の皆様に知ってもらうことを目的に、宮崎大学と連携した公開講座「世界の野球事情」を開始することとしました。年間20回シリーズでお届けする過去に例のない講座です。